CAへの就職を成功させるために必要なポイントとは?


仕事内容や求人情報を把握して準備を!

これから客室乗務員いわゆるCA(キャビンアテンダント)になるために、航空業界への就職を希望している方もいるのではないでしょうか。でも何から準備をすればよいのか、不安に思っている方も多いはず。まずはCAの仕事内容や求人情報を把握することから始めてみましょう。そこから得た情報を逆算すれば、効率よく準備を進めることが可能です。

CAの仕事では何が必要?求人では何が求められる?

例えばCAになると、搭乗前の機内チェックやドアの開閉操作をはじめ、お客様の誘導や機内アナウンス、さらに機内食の提供や販売など、機内でのあらゆる業務を担当することになります。その上、非常用設備案内や離着陸前の安全確認、そして悪天候の際や急病人が出るような非常事態にも、迅速かつ的確な対処が求められます。もちろん普段からそのトレーニングも欠かせません。ここから理解できるのは、知性や品格だけでなく、体力や反射神経あるいは視力など、CAの業務では万全の健康状態が必要になることです。

実際の求人でも、健康状態については一定の基準を設けている航空会社がほとんどです。例えば視力であれば、裸眼もしくはコンタクトレンズの矯正視力で両眼とも1.0以上を要求されたり、身長についても160センチ以上であること、さらに呼吸器や循環器といった身体の健康状態まで、厳しい条件を課しているケースが珍しくありません。

もちろん語学力も必要!

そしてCAで必要なスキルといえば、何といっても語学力でしょう。国際線はもちろん国内線であっても、海外のお客様とコミュニケーションを取るシーンが数多くあります。このため航空会社の多くでは、主要な英語力検定試験で一定以上の点数を得ていることを、応募条件の中に含めています。

CADオペレーターは、製品開発や設計のスペシャリストとして、建築事務所や大手の機械メーカー、家具店など様々なところで活躍の場が広がっています。