未経験者が仕事を探す時の2つのコツとは?


未経験者歓迎と記載されている求人に応募

中途採用でこれから自分が目指す職業が未経験の場合は、経験者よりも不利な状況なので何も考えずに求人に応募すると不採用が続く可能性があります。アルバイトや派遣など非正規社員であれば、採用される事も十分ありますが正社員だと厳しいです。そこで、少しでも採用率を上げるために、未経験者歓迎と記載された求人に応募しましょう。未経験者歓迎と記載されていると、正社員でも十分採用される可能性があり評価が高くなる資格があればさらにプラスです。

また、未経験者歓迎と記載されている求人は未経験者のために研修に力をいれていることが多くスムーズに仕事に慣れやすいというメリットもあります。ただ、いくら未経験者歓迎でも資格などのアピールがないと正社員の場合苦戦するので注意が必要です。

経験者歓迎や経験者優遇に注意しよう

未経験者で仕事を探す場合は、経験者歓迎や経験者優遇と記載している求人に注意します。これらの求人は、主に中途採用に多いですが経験者を会社側が求めていて、未経験者だとかなり不利です。経験者を求めているという事は、それだけ即戦力となる人材がほしいですし研修に力を入れる程余裕がない状況の可能性があります。つまり、例え未経験者で採用をもらえたとしても求められるレベルが高くて長く続かない懸念もありますよね。そう考えると、未経験者は経験者を求めている求人に応募しない方がいいでしょう。

就職や転職は、不採用が続くとそれだけ精神的に追い込まれてしまいネガティブな気持ちになります。少しでも、採用される確率が高い求人に応募する方が精神的・結果どちらにもプラスです。

全国に営業所を構える綜合キャリアオプションなら、勤務地や希望業種など様々な条件の中からニーズに合った働き方を提案してくれます。